まさに崖っぷちの状況

大相撲初場所が始まりましたが、一番の注目は何と言っても横綱・稀勢の里関。怪我等で休場が続く中、これまでも進退が話題となっていました。ですが、今回は九州場所で休場した後横綱審議委員会が稀勢の里関に対して「激励」という引退勧告・注意に次ぐ決議がなされこれまでとは違った厳しい目が向けられています。初場所前には順調そうな様子が伺え、今場所は復活するかと期待がかかっていましたが初日から2連敗。

しかも、2日目は逸ノ城関にはたき込まれ土俵上に転がり背中が土で汚れてしまうという横綱らしからぬ負け方をしました。取組後、完全に自信を失っているような表情で見ているこちらもつらくなるような状況でした。3日目も出場する予定ですが、負けが続くともしかしたら今回が最後の場所になってしまうのではと思ってしまうほどです。先場所まではある程度休場が許されていた状況でしたが今回ばかりは許されない状況で、稀勢の里関の相撲人生にとってまさに崖っぷちの状況です。ここから踏ん張って優勝争いに絡むこととなれば引退は免れるとは思いますが、今の稀勢の里関にとってそれは奇跡的なことかもしれません。応援したい力士なので、奇跡的なことが起こることを願っています。