胸が熱くなるような会見

横綱・稀勢の里関がついに引退を発表し、昨日引退会見が行われました。生中継はされていなかったので、じっくりと内容を聞けたのは今朝の情報番組内でした。2年前、新横綱として臨んだ春場所で終盤に怪我を負いその後逆転優勝を果たし相撲ファンに感動を与えてくれました。それでも、この怪我が結果的に相撲人生を縮めてしまうこととなり2年間という短命横綱となってしまいました。

怪我の状態や回復具合を聞かれ、多くは語らなかったものの何度も言葉に詰まり涙を流していた稀勢の里関。相撲においても決して器用な方ではなく、多彩な技を繰り出すタイプではありませんでした。けれど真っ直ぐで立ち合いでも変化せずに目先の勝ちを奪いに行くような力士ではありませんでした。そういう人間味のあふれる力士だったからみなに愛され、期待されてきたのだと思います。

会見の時、「土俵人生に一片の悔いはありません」と言いつつも同時に涙が流れてきたところを見ると、怪我で自分の相撲が取れなくなったことが無念だったんだろうなと感じました。他のアスリートならば時間を置いての会見というものが多いですが、大相撲では引退後すぐの会見なので余計に感情が溢れ出て胸が熱くなるような引退会見だったと思います。