韓国語教室は楽しくなければ続かない

韓国語を習ってもう4年になります。習おうと思ったのは、韓国の音楽、つまりK-POPにはまってしまいました。そして、大好きな歌手が話していることを理解したい為です。最初は独学でと思ったのですが、やはりサボってしまいます。それで週に一度ですが、教室に通うことにしたのです。

地域ではとても有名な教室に行きました。最初は10人くらいの入門クラスからでした。でも、文法が中心で毎回必死にくらいついている感じでした。たまに作文発表があったのですが、日本語を翻訳して発表するので、全く力がつかないのです。

今思えば、先生も自分の言葉で作文しなさいと注意されませんでした。3年たったある日、なかなか上達しないので、気分転換に教室を変えようと思い立ち、紹介してもらって今の韓国語教室に出会いました。先生は、40代の男性で韓国の方です。

初めは授業の体験から始めました。カードを使ってみたりする授業は私にとって衝撃的なものでした。前の教室では、一緒に学んでいた友人が4人いました。皆、私が新しい教室に行くと聞いて興味津々でした。私は薦めるというより、自分で決めてほしかったから、場所だけ教えて後は自分で体験してから答えを出してくださいねと話しました。

彼女たちも私と同じように体験してから自分で決断したのです。先生は私達が一緒に学べるように新しく時間を作ってくださいました。そして、どちらかというと文法ではなく会話中心の授業をしてくださる今の韓国語教室に揃って通うようになりました。気さくな先生なので、授業前にお誕生日パーティをしたりするのも快く受け入れてくださいます。

教室はいろんなイベントを企画されていて、韓国のお料理を作ってみたり、工作をしてみたり、楽しいこともたくさんすることができます。もちろん、参加も不参加も自由です。正直、学んでいるのか、遊んでいるのか、わからないときもあります。それくらい楽しいのです。

やはり、語学を習うというのは楽しくなければ続かないと思いました。楽しい教室でこれからも楽しく過ごしていきたいと思っています。

 

Author: demeteru